フリーエンジニア人材派遣の案件情報紹介はBTCエージェント for エンジニア。
java、PHP、Oracle案件等のSE、PG大募集!
無料

エンジニア登録はこちら

市場価値の高いフリーエンジニアとは

Market_value

どのようなスキルを持ったエンジニアが市場で高く評価されているのでしょうか?
ここでは、BTCエージェント for エンジニアの運営実績を元に、市場価値の高いフリーエンジニアになるための3つのコツをお伝えします。

1. 多くの案件で必要とされるコミュニケーションスキル

フリーエンジニアは一人で仕事することもありますが、たいていの場合はプロジェクトチームの一員として仕事を進めていくことになります。そんなフリーエンジニアにとって、多くの場合に共通的に必要とされるスキルは、「コミュニケーションスキル」です。
フリーエンジニアは技術に特化した職種であるため、高いコミュニケーションスキルは必要ないように思われがちですが、こうしたスキルを身に付けていることは、業務を円滑に、かつ効率的に遂行することが出来、評価のアップやポジションアップに繋がります。
 
例えば、コーディングを中心に行うプログラマーの場合でも、一緒に働くチームのメンバーとのコミュニケーションが無ければ、仕事を円滑に進めることは不可能です。よって、フリーエンジニアとして働いていくためには、自分の能力をアピールするためのコミュニケーションスキルは、最低限必要な要素となります。
コミュニケーションが得意な方の場合は、伝えたい内容を認識の相違が生まれないように工夫して話すなど、更にコミュニケーションスキルを磨いて自分の武器にすることをお勧めします。
コミュニケーションが苦手な方の場合は、挨拶などの簡単なコミュニケーションから始めて、最低でも自己紹介を上手にできるように練習しておくと良いでしょう。 市場価値の高いフリーエンジニアになるための第一歩として、コミュニケーションスキルを磨くことに挑戦してみましょう。

2. バランスのとれた技術力

フリーエンジニアの最大の売りは技術力ですが、一つの技術しか出来ない場合、市場価値の高いフリーエンジニアになることは難しいと言えます。なぜなら、技術力は応用できてこそ意味があるからです。もちろん、プロジェクトマネジメントも、アプリケーションも、インフラも、クライアントとの調整も・・・全てが一流に!というのは現実的ではありません。  
例えば、JAVAのプログラミングをコア技術とするプログラマーであれば、オブジェクト指向での設計も出来る。データベース技術者であれば、ハードウェアのセットアップも出来る。といったように、自分のコア技術だけでなく、周辺技術を習得していくことが市場価値の高いエンジニアになるための近道です。
 
まだエンジニア暦が浅く、どうやって周辺技術を見つければいいかが分からない方にお勧めしたい方法は、自宅サーバーの構築です。 実際に、フリーエンジニアの方で自宅サーバーをたてている方はたいてい周辺技術をよく理解しています。 Webサーバー、ファイルサーバー、メールサーバーなど、種類がたくさんあり、最初は大変かもしれませんが、ぜひ挑戦してみましょう。

3. フリーエンジニアにとっての資格

エンジニアの資格は、オラクルマスターや、MCPを初めとするベンダー資格、公的資格である基本情報処理試験など様々な種類があります。フリーエンジニアにとって、資格の有効性はどの程度あるのでしょうか?
 
プロジェクトでの採用基準については一概には言えませんが、資格があるには越したことはないが、無くても可、というケースが一般的です。 とはいえ、プロジェクトによっては特定の資格保有者を探しているケースや、資格を保有していることによって、勤勉だと評価されるケースが往々にしてあります。
 
また、フリーエンジニアとして、個人の中長期的な成長を考えた場合にも、資格はスキルアップのために重要な要素となります。 業務だけで得られる知識には、限界があるためです。 例えば、ベンダー資格で自分のコア技術を磨きつつ、公的資格でエンジニアとしての領域を広げることで、バランスのとれたスキルを身につけることができます。
 
自分にあった資格を計画的に取得し、フリーエンジニアとしての価値を磨いていきましょう。